UP HOME お薦めディスクのヘッダー

LAURA FYGI


■LAURA FYGI「THE LADY WANTS KNOW」

 MERCURY PHCE-45 (国内盤) 1993〜94年録音

 彼女はオランダ生まれだけど、子供の頃は父親の仕事の関係で南米に住んでいたらしい。そんな理由からなのか、私は彼女の歌に対してあまり国籍を感じない。

 もちろん彼女は彼女なりに歌を自分の物として昇華させる力を持っているから、余計にそう感じるのかもしれないけど、彼女が3枚目のアルバムとしてリリースしたこの作品。主にボサノバを中心とした選曲ですが、彼女の事を知らなかったらブラジルの歌手と思うぐらいハマっています。

 ブラジル生まれのSYLVIA TELLESNARA LEAOのようなセンチメンタルさはないけど、しっとりとしたボーカルが楽しめます。特に「CORCOVADO」や「HOW INSENSITIVE」はお薦めです。

●THE LADY WANTS KNOW
1.CORCOVADO
2.IT MIGHT AS WELL BE SPRING
3.DINDI
4.THE LADY WANTS KNOW
5.TRISTE
6.IF YOU WENT AWAY
7.YOU DO SOMETHING TO ME
8.EACH AND EVERYONE

9.SOMETHIG ABOUT HIM
10.HOW INSENSITIVE
11.DISSE ALGUEM
12.TELL ME ALL ABOUT IT
13.OH TELEPHONE
14.SABOR A MI
15.BAUBLES, BANGLES AND BEADS
16.TILL THERE WAS YOU


■LAURA FYGI「turn out the lamplight」

 MERCURY PHCR-1405 (国内盤) 1995年録音

 このアルバムは彼女の4枚目の作品。この作品では、マドンナやスティーヴィー・ワンダーなどの曲が、彼女のしっとりとしたボーカルで楽しめます。

 この作品はポップスと言うより、新しいタイプのスタンダード集と感じさせる作品に仕上がっています。そんな風に感じてしまうのも、大人の女性が持つしっとりとした色香と知的さを合わせ持った彼女のボーカルの力が大きいと思います。

 ちょうどこのアルバムが発売された頃は、私が再びオーディオに興味を持ち始めた頃で、このCDを持ってあちこちのショップに試聴に行ったのも懐かしい想い出です。


●turn out the lamplight
1.take a bow
2.i just had to hear your voice
3.still crazy
4.she's no lady
5.still
6.turn out the lamplight
7.eternal flame

8.how am i supposed to live without you
9.baby come to me
10.laterly
11.tell it like it is
12.have i told you lately that i love you
13.for once in my life
14.how you gonna see me now


■LAURA FYGI「WATCH WHAT HAPPENS」

 MERCURY PHCR-1508 (国内盤) 1997年録音

 最初は「ベッピンさんだなぁ〜」と思ってジャケ買いした記憶がありますが、いつの間にか、好きなボーカリストの1人になったローラ・フィジィの新譜です。
 「INTRODUCING」「BEWITCHED」「THE LADY WANTS KNOW」「turn out the lamplight」に続いて、彼女にとって5枚目のアルバムとなる今回の新譜は、ミッシェル・ルグラン作品集でした。

 彼女はアルバムを出すごとに新しい自分を構築しているように感じます。国籍をあまり感じない歌手と言えば言いのでしょうか、だから私も今度はどんな世界を見せてくれるのかと発売日を楽しみに待っていました。

 今回の新譜はどんなもんかな、と思っていましたが、選曲も良くて、相変わらずの息が滑ってから声が出てくる「半クラッチ」のようなハスキーボイス(^^;。

 私が感じる彼女は、ちょっぴり冷たくて重くてかげりがあって、、と言うオトナのボーカリスト、という感じでしたが、今回の新譜は今までのアルバムからの統一感と言うのはありますが、ストリングスのせいなのか音の取り方なのかもしれませんが、少しさわやかさを感じます。

 私のような年齢になるとパワーだけ、若さだけ、情熱だけのボーカルはダメですね。
歌唱力はもちろんですが、曲に対する解釈力やどう人に伝えたいかと言う自分なりのスタンスを持っていないと浅くて聴いてられないです。
 新譜としてあまり良いボーカルアルバムが無い昨今。これからも、どんどん良いアルバムを作って行って欲しいなぁ。そう思わさせるボーカリストですね。

WATCH WHAT HAPPENS
1.WHERE'S THE LOVE
2.THE FIRST TIME
3.YOU HAD TO BE THERE
4.THE SUMMER KNOWS
5.WATCH WHAT HAPPENS
6.ET SI DEMAIN
7.THE WINDMILLS OF YOUR MIND 
8.I WILL WAIT FOR YOU

9.ONECE UPON A SUMMERTIME
10.WHAT ARE YOU DOINC THE REST OF YOUR LIFE
11.HOW DO YOU KEEP THE MUSIC PLAYING
12.SUMMER ME, WINTER ME
13.THE WAY HE MAKES ME FEEL
14.ASK YOURSELF WHY
15.YOU MUST BELIEVE IN SPRING
16.RACHEL


■LAURA FYGI「Live」

 MERCURY 538 047-2 (輸入盤) ファースト・ライブ

 前回の新譜はコケましたが、輸入盤CDで彼女のライブアルバムを見つけたので、また懲りずにゲットしてきました(^^;。

 以前、日本での彼女のライブに行った友人が「サービス過剰でクサくて見てられなかった」と言う感想を聞いた事があったので、このライブ・アルバムをゲットするには少し根性がいったのですが(^^;、このCDではゆったりとしたビックバンドにのったリラックスした彼女の歌声が聴けてサイコーでした。ひょっとしたら地元でのライブなのでしょうか、彼女自身も楽しんでいる様子が感じ取れ、スゴく楽しめるアルバムになっていました。

●Live
1.I'Ve Got You Under My Skin
2.Ask Yourself Why
3.Lately
4.Disse Alguem-All Of Me
5.Jobim Medley
6.Watch What Happens

7.The Way He Makes Me Feel
8.For Me, For Mid Able
9.Girl Talk
10.Triste
11.The First Time
12.Almost Like Being In Love


■LAURA FYGI「The Latin Touch」

 MERCURY PHCW-1076 (国内盤)2000年作品

 ショップで偶然見付けたこのアルバム。ボサノバならともかく、彼女がラテンを歌うなんて予想していませんでしたが、今ラテンにハマっている私にはタイムリーなアルバムだったので速攻でゲットしました。

 聴いてみると、古い曲が並んでいる事もありますが、昔ながらの"いかにもラテン"と言うイメージであり、現代のラテンを聞いている私には、今流行っている「ブエナ・ビスタ、、」ほどではないにしても、とても古くさく感じました。そして、彼女のボーカルも妙な優雅さを持っているから(^^;、このアルバムを聴いていても体温が上がりません。

 ま、こんな風に感じるのは、私がラテンに毒されているからと思うし(^^;、このアルバムはラテンの醍醐味を感じるものではなくて、ドリス・デイの「LATIN FOR LOVERS」のようなノリで楽しむアルバムと思います。イメージとしてはハイソなラテンと言えるかもしれませんが、やはり彼女にはラテンよりはジャズが似合いますよね。

●The Latin Touch
1.Como Fue
2.Perfidia
3.Quizas, Quizas, Quizas
4.Noche De Ronda
5.Piel Canela
6.La Puerta
7.Abrazame
8.Dimelo
9.La Mentira

10.Solamente Una Vez
11.Historia De Un Amor
12.Amor
13.Cuando Vuelva A Tu Lado
14.Capullito De Aleli
15.Besame Mucho
16.You Belong To My Heart (Solamente Una Vez)
17.Amor
18.What A Difference A Day Makes (Cuando Vuelva A Tu Lado)


■LAURA FYGI「CHANGE」

 MERCURY 586 507-2 (輸入盤) 2001年作品

 ジャズ、ブラジル、ラテン、映画音楽など、アルバムごとにさまざまな表情を見せてくれる彼女。さて、今回のアルバムではどんな風に楽しませてくれるかな、と思いながらCDトレーに載せてプレイボタンを押すと、フュージョンっぽい前奏が流れ出した瞬間、私は「あれ」と意表を突かれてしまいました。

 アルバム全体を支配するのは、お洒落な大人のポップス。もちろんお約束的にラテン風の曲もありますが、全体的には彼女流のポップスのアルバムに仕上がっていました。

 もちろん、ポップスと言っても軽く流れず、曲ごとの演奏やアレンジもしっかりしているし、なにより彼女の歌唱が素晴らしい。そんな彼女のボーカルを聴いていると、アルバムの流れでポップスに走ったのではなく、彼女自身がポップスのアルバムをホントに出したかったんだなと感じた1枚でした。

●CHANGE
1.MIDNIGHT STROLL
2.EVERY MOMENT
3.CHANGE
4.GIRLTALK
5.ENFANT TERRIBLE
6.HOW DO I WIN YOUR HEART  
7.HE SAW HER THERE

8.LATIN EYES
9.LOVED YOU SO LONG
10.YOU CAN'T JUDGE
11.REMEMBER ME
12.NO SMALL TALK PLEASE
13.ETERNAL HONEYMOON
14.I BELONG


HOME UP
[ ホームに戻る | 目次に戻る ]